キム・キャトラル

キム・ヴィクトリア・キャトラルKim Victoria Cattrall, IPA:kəˈtræl、1956年8月21日 - )はイギリス出身の女優。彼女はHBOホームコメディ/ロマンスシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサマンサ・ジョーンズ役や1980年代の映画『ポリス・アカデミー』『ゴーストハンターズ』の主要人物を演じたことで知られている。

主な出演作品

  • ローズバッド(1975)
  • 刑事コロンボ 攻撃命令/How to Dial a Murder (1978)
  • マイ・ハート マイ・ラブ Tribute (1980)
  • ポーキーズ Porky's (1981)
  • ポリスアカデミー Police Academy (1984)
  • ゴーストハンターズ Big Trouble in Little Chia (1986)
  • マネキン Mannequin (1987)
  • マスカレード/甘い罠 Masquerade (1987)
  • パレ・ロワイヤル Palais Royale (1989)
  • 新・三銃士 The Return of the Musketeers (1989)
  • 虚栄のかがり火 The Bonfire of the Vanities (1990)
  • スタートレックVI 未知の世界 Star Trek VI: The Undiscovered Country (1991)
  • アンフォゲタブル Unforgettable (1996)
  • セックス・アンド・ザ・シティ Sex and the City (1997 - 2004) テレビシリーズ
  • ベイビー・トーキング(1998)
  • ノット・ア・ガール Crossroads
  • 15ミニッツ 15 Minutes (2001)
  • アイス・プリンセス Ice Princess (2005)
  • ザ・シンプソンズ The Simpsons (2005) 声の出演
  • ダニエル・ラドクリフの マイ・ボーイ・ジャック My Boy Jack (2007) テレビ映画
  • セックス・アンド・ザ・シティ Sex and the City (2008)
  • ゴーストライター The Ghost Writer (2010)
  • セックス・アンド・ザ・シティ2 Sex and the City 2 (2010)
ゴーストライターはあなたの隣人かも?!

生い立ち

イギリスのリバプールで生まれるが、子供の頃にカナダのバンクーバーに移住。11歳でロンドンに渡り、演劇学校で学ぶ。数年後にバンクーバーに戻り、高校卒業後には奨学金を得てニューヨークのアメリカ演劇アカデミーで学ぶことになる。

私生活

キャトラルは3回の結婚歴がある。最初の夫ラリー・デイビスとは1977年に結婚し、1979年に離婚。その後、アンドレJ・ライソンと1982年に再婚し、1989年に離婚。ライソンとはフランクフルトに住んでおり、ドイツ語を学んで流暢に喋れていたが、キャトラルは年月がだいぶ経ったためドイツ語を忘れてしまったと述べている。

1998年から2004年までオーディオ・デザイナーのマーク・レヴィンソンと結婚していた。2人は2004年に共著『サティスファクション-究極の愛の芸術』を発表した。

また、キャトラルは過去にカナダ首相ピエール・トルドー、ヒューストン・ロケッツのスター選手カッティノ・モブリー、ダニエル・ベンザリ、ミュージシャンのジェラルド・キャセール(ニューウェーブグループ、ディーヴォのメンバー)、フランスの哲学者ベルナール=アンリ・レヴィ、俳優のアレクサンダー・シディグと交際していた。彼女は現在、ニューヨーク市、イーストハンプトンに住んでいる。

2009年8月に出演したBBCの番組『Who Do You Think You Are?』の中で、祖父ジョージ・ボーに関する不快な事実が分かったと告白した。ボーは妻と当時8歳のキャトラル、2人の妹を含む家族を捨てて姿を消した。次の年にボーはダラム郡で、新しい妻イザベラ・オリバーと再婚した(重婚)。そして、イザベラとの間に4人の子供を儲けた。1961年にオーストラリアに移住して郵便局長として働き、定年後1974年に亡くなった。

ルネッサンス期の名画を保護する運動の資金集めの一環として、ある写真家が現代人を使ってこの名画を再現した際、キムが裸体のダイアナ役を引き受けた。2008年当時52歳であった彼女のヌードは他の20代のモデルに囲まれても全く引けを取らないと絶賛された。

NHLのバンクーバーカナックスの大ファンでもあり試合会場で応援しているところをよく目撃される[誰によって?]。

「GHOST BUSTER!」ではありません!「GHOST WRITER」です!

キャリア

アメリカ演劇アカデミー在学中にプロデューサーのオットー・プレミンジャーに認められてデビュー。1975年に『ローズバッド』で映画デビュー。多くのテレビにゲスト出演もしている。1980年代には『ポーキーズ』や『ポリス・アカデミー』などのコメディ映画で活躍。また、舞台にも多く立っている。

1997年から始まった『セックス・アンド・ザ・シティ』ではPR会社の社長サマンサ・ジョーンズを演じ、番組のヒットに伴って世界的に知られるようになった。

2011年2月26日、セックス・アンド・ザ・シティ2での演技が評価され、ラジー賞(最低主演女優賞)を受賞。

オリヴィア・ウィリアムズ

オリヴィア・ウィリアムズOlivia Williams, 本名: Olivia Haigh Williams, 1968年7月26日 - )は、イギリス・ロンドン出身の女優。

映画

公開年 邦題
原題
役名 備考
1996 エマ
Emma
ジェーン・フェアファックス
1997 ポストマン
The Postman
アビー
1998 天才マックスの世界
Rushmore
ローズマリー・クロス
1999 シックス・センス
The Sixth Sense
アンナ・クロウ
2000 アルゴノーツ 伝説の冒険者たち
Jason and the Argonauts
ヘラ テレビ映画
デッドベイビーズ
Dead Babies
ダイアナ
恋はサルサで!
Born Romantic
エレノア
2001 抹殺者
The Body
シャロン・ゴールバン
ラッキー・ブレイク
Lucky Break
アナベル・スウィープ
エゴイスト
The Man from Elysian Fields
アンドレア
2002 ビロウ
Below
クレア
2003 クロムウェル〜英国王への挑戦〜
To Kill a King
アン・フェアファクス
ピーター・パン
Peter Pan
ダーリング夫人
2006 マキシマム・ボルケーノ
Krakatoa: The Last Days
ジョアンナ テレビ映画
X-MEN: ファイナル ディシジョン
X-Men: The Last Stand
モイラ・マクタガート
2008 フラッシュバック
Flashbacks of a Fool
グレイス
17歳の肖像
An Education
スタッブス先生
2010 ゴーストライター
The Ghost Writer
ルース・ラング 全米映画批評家協会賞 助演女優賞 受賞
2011 ハンナ
Hanna
レイチェル
2012 アンナ・カレーニナ
Anna Karenina
ヴロンスカヤ伯爵夫人
17歳のエンディングノート
Now Is Good
ママ
私が愛した大統領
Hyde Park on Hudson
エレノア・ルーズベルト
2013 Last Days on Mars

テレビシリーズ

放映年 邦題
原題
役名 備考
1998 フレンズ
Friends
フェリシティ 2エピソード
2001 SPACED 〜俺たちルームシェアリング〜
Spaced
サイクリスト エピソードHelp
2009-2010 ドールハウス
Dollhouse
アデル・デウィット 27エピソード
2011-2012 ケース・センシティブ 静かなる殺人
Case Sensitive

来歴

ケンブリッジ大学で英文学を学び、その後Bristol Old Vic Theatre Schoolで演技を学んで3年間ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの舞台に立っていた。