川端 康成

この映画のタイトルでもある「ゴーストライター」作品中のゴーストライター、ユアンくんに名前すらなかったように、世に出てはいけない存在なんですよね・・。でも、結構いろんなゴーストさんがいるようです。日本の代表的な文豪、「川端康成」も「ゴーストライターがいた」とか「ゴーストライターをした」とか・・あるらしく・・。
そんな、ご関係にある文豪、御三人方をご紹介・・・。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家。

大阪府大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)生れ。東京帝国大学文学部国文学科卒業。横光利一らと共に『文藝時代』を創刊し、新感覚派の代表的作家として活躍。『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品を発表し、1968年(昭和43年)に日本人では初となるノーベル文学賞を受賞した。1972年(昭和47年)、満72歳で自殺。

ゴーストライターはあなたの隣人かも?!

経歴

1899年(明治32年)6月14日、大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)に生れた。父は栄吉(医師)、母はゲン。姉芳子。

幼くして近親者を亡くす。1901年(明治34年)に父が死去し、母の実家がある大阪府西成郡豊里村(現在の大阪市東淀川区)に移ったが、翌年に母も死亡し、祖父の三八郎、祖母のカネと一緒に三島郡豊川村(現在の茨木市)に移った。1906年(明治39年)、豊川尋常高等小学校(現在の茨木市立豊川小学校)に入学。笹川良一とは小学の同級生で、祖父同士が囲碁仲間であった。しかし、9月に祖母が死に、1909年(明治43年)には別居していた姉も死亡した。1912年(明治45年)大阪府立茨木中学校(現在の大阪府立茨木高等学校)に首席で入学。2年後に祖父が死去したため、豊里村の黒田家が引き取ったが、中学校の寄宿舎に入り、そこで生活を始めた。下級生には大宅壮一が在学していた。近所の本屋『虎谷』へは、少ないお金をはたいて本を買いに行っていた。

作家を志したのは中学2年のときで、1916年(大正5年)から『京阪新報』に小作品、『文章世界』に短歌を投稿するようになった。1917年(大正6年)に卒業すると上京し、浅草蔵前の従兄の家に居候し、予備校に通い始め、第一高等学校の一部乙、英文科に入った。後年『伊豆の踊子』で書かれる旅芸人とのやりとりは、翌年の秋に伊豆へ旅行したときのものである。その後10年間、伊豆湯ヶ島湯本館へ通うようになった。

1920年(大正9年)に卒業し、東京帝国大学文学部英文学科に入学。同期に北村喜八、本多顕彰、鈴木彦次郎、石濱金作がいた。同年、今東光、鈴木彦次郎、石濱、酒井真人と共に同人誌『新思潮』(第6次)の発刊を企画。また、英文学科から国文学科へ移った。1921年(大正10年)、『新思潮』を創刊、同年そこに発表した「招魂祭一景」が菊池寛らに評価され、1923年(大正12年)に創刊された『文藝春秋』の同人となった。国文科に転じたこともあり、大学に1年長く在籍したが、1924年卒業した(卒論は「日本小説史小論」)。同年、横光利一、片岡鉄兵、中河与一、佐佐木茂索、今東光ら14人とともに同人雑誌『文藝時代』を創刊。同誌には「伊豆の踊子」などを発表した。1926年(大正15年)処女短篇集『感情装飾』を刊行。1927年(昭和2年)、前年結婚(入籍は昭和6年12月2日)した夫人とともに豊多摩郡杉並町馬橋(高円寺)に移転。同人雑誌『手帖』を創刊し、のちに『近代生活』『文学』『文学界』の同人となった。

『雪国』『禽獣』などの作品を発表し、1937年『雪国』で文芸懇話会賞を受賞。1944年(昭和19年)『故園』『夕日』などにより菊池寛賞を受賞。このころ三島由紀夫が持参した「煙草」を評価する。文壇デビューさせたその師的存在である。1945年(昭和20年)4月、海軍報道班員(少佐待遇)で鹿島へ趣き、特別攻撃隊を取材する。同行した山岡荘八は作家観が変わるほどの衝撃を受け、川端は「生命の樹」を執筆している。その後『千羽鶴』『山の音』などを断続発表しながら、1948年(昭和23年)に日本ペンクラブ第4代会長に就任。1957年(昭和32年)に東京で開催された国際ペンクラブ大会では、主催国の会長として活躍し、その努力で翌年に菊池寛賞を受賞した。1958年(昭和33年)に国際ペンクラブ副会長に就任。また1962年(昭和37年)、世界平和アピール七人委員会に参加。1963年(昭和38年)には、新たに造られた日本近代文学館の監事となった。1964年(昭和39年)、オスロで開かれた国際ペンクラブ大会に出席。断続的に「たんぽぽ」の連載を『新潮』に始めた。1965年(昭和40年)に日本ペンクラブ会長を辞任したが、翌年に肝臓炎のために東大病院に入院した。

1968年(昭 和43年)10月に、「日本人の心情の本質を描いた、非常に繊細な表現による彼の叙述の卓越さに対して:"for his narrative mastery, which with great sensibility expresses the essence of the Japanese mind."」ノーベル文学賞受賞が決定した。12月のストックホルムでの授賞式には、燕尾服ではなく、文化勲章を掛け紋付羽織袴で臨んだ。記念講演「美しい日本の私 その序説」を行った。翌69年から1974年にかけ、新潮社から『川端康成全集』(全19巻)が刊行された。台北のアジア作家会議、1970年にソウルの国際ペンクラブ大会に出席、日本近代文学館の名誉館長にも就任した。ノーベル賞受賞後発表した作品は、短編が数作品あるだけで、ノーベル賞授与が重圧になったといわれる。

なお2012年(平成24年)9月4日のNHKニュースによると、スウェーデン・アカデミーがNHKの公開請求に応えて開示した文学賞の選考過程の資料から、川端が受賞した1968年(昭和43年)の7年前の1961年(昭和36年)に、すでにノーベル賞の候補に選ばれていたことが明らかになった。

1972年(昭和47年)4月16日、神奈川県逗子市のマンション「逗子マリーナ」の自室・仕事部屋で死亡しているのが発見された。享年72。戒名は、文鏡院殿孤山康成大居士、大道院秀誉文華康成居士。

翌1973年に財団法人川端康成記念会によって川端康成文学賞が設けられ、現在まで続いている。1985年(昭和60年)には、茨木市立川端康成文学館が開館した。なお茨木市名誉市民にもなっている。

「GHOST BUSTER!」ではありません!「GHOST WRITER」です!

受賞

  • 1937年(昭和12年) - 『雪国』で文芸懇話会賞
  • 1944年(昭和19年) - 『故園』『夕日』などで菊池寛賞
  • 1952年(昭和27年) - 『千羽鶴』で芸術院賞
  • 1954年(昭和29年) - 『山の音』で第7回野間文芸賞
  • 1958年(昭和33年) - 東京国際ペンクラブでの努力により第6回菊池寛賞
  • 1962年(昭和37年) - 『眠れる美女』で第16回毎日出版文化賞
  • 1968年(昭和43年) - ノーベル文学賞

栄典

  • 1959年(昭和34年) - ゲーテメダル
  • 1960年(昭和35年) - 芸術文化勲章(オフィシエ)
  • 1961年(昭和36年) - 文化勲章

年譜

  • 1899年(明治32年) - 大阪市天満此花町で、開業医の家の長男として生まれる。
  • 1901年(明治34年) - 父栄吉、結核で死去。
  • 1902年(明治35年) - 母ゲン、結核で死去。祖父母と共に大阪府下三島郡豊川村(現在の茨木市)へ転居。
  • 1906年(明治39年) - 祖母カネ死去。
  • 1912年(明治45年) - 旧制茨木中学校(現大阪府立茨木高等学校)入学。
  • 1914年(大正3年) - 祖父死去。大阪市の母の実家に引き取られるが、通学のため茨木中学校の寄宿舎に入る。
  • 1917年(大正6年) - 茨木中学校を卒業、旧制第一高等学校(現東京大学教養学部)に入学。
  • 1918年(大正7年) - 伊豆を旅する。
  • 1920年(大正9年) - 東京帝国大学英文科に入学。
  • 1921年(大正10年) - 国文科へ転科。『招魂祭一景』発表(大学時代に第6次『新思潮』に発表した作品をきっかけに、菊池寛に認められ、交流を持つようになり、文壇への道が開けた)。
  • 1924年(大正13年) - 東京帝国大学卒業。文学士(東京帝国大学)取得。同人誌『文藝時代』を創刊。この同人誌には、新感覚派と呼ばれた、新進作家が集まった。
  • 1925年(大正14年) - 『十六歳の日記』『孤児の感情』を発表。文化学院で文学部教師となる。
  • 1926年(大正15年) - 『伊豆の踊子』を発表。青森県八戸市の松林慶蔵の三女・秀子(1907年生まれ)と結婚。秀子は文藝春秋『オール読物』の編集長・菅忠雄の家で手伝いとして働いており、菅宅に長期滞在にきた川端と出会う。
  • 1927年(昭和2年) - 『美しい!』(福岡日日新聞)、『海の火祭』(中外商業新報)の新聞連載。
  • 1929年(昭和4年) - 『浅草紅団』の新聞連載開始。
  • 1933年(昭和8年) - 『禽獣』『末期の眼』を発表。
  • 1935年(昭和10年) - 『雪国』を発表。
  • 1942年(昭和17年) - 『名人』を発表。
  • 1943年(昭和18年) - 高槻市の従兄黒田秀孝の三女・政子(麻紗子とも)を養女にする(のちに山本香男里を入り婿に迎える)。『故園』『夕日』『父の名』を発表。
  • 1945年(昭和20年) - 志賀直哉の推薦で海軍報道班員となり、特別攻撃隊を取材する。
  • 1947年(昭和22年) - 『哀愁』を発表。
  • 1948年(昭和23年) - 第4代日本ペンクラブ会長就任。『反橋』を発表。
  • 1949年(昭和24年) - 『しぐれ』『住吉』『山の音』『千羽鶴』『骨拾ひ』を発表。
  • 1950年(昭和25年) - 『新文章読本』を発表。
  • 1957年(昭和32年) - 国際ペンクラブ副会長として、国際ペンクラブ大会を日本で開催(京都と東京)。
  • 1961年(昭和36年) - 文化勲章受章。『古都』執筆のため、京都で暮らす。
  • 1965年(昭和40年) - NHKの連続テレビ小説で「たまゆら」が放映される。
  • 1968年(昭和43年) - ノーベル文学賞を受賞し、「美しい日本の私」という講演を行う。
  • 1969年(昭和44年) - 茨木高校の文学碑除幕、茨木市名誉市民。 鎌倉市名誉市民。
  • 1972年(昭和47年) - 仕事場にしていた逗子マリーナのマンションにて長さ1.5メートルのガス管を咥え絶命しているところを発見され、自殺と報じられる。
  • 1985年(昭和60年) - 茨木市立川端康成文学館開館。