作家

日本を代表する現代作家3人

有名な作家は「文豪」などと呼ばれた昭和の時代とは様変わりし、西洋の文化の影響も多大にうけ、文章スタイルも取り扱われる内容も大きく変わった現代の文学界。特に、インターネットの普及も影響し文化が多様になったことから、取り扱われるテーマは、前時代では考えられないような内容も増えたことでしょう。 日本の文学界からは定期的にノーベル文学賞受賞作家も出ており、世界からの注目度も高くなっています。当記事では、そんな現代世界で活躍している村上春樹さん、大江健三郎さん、カズオ・イシグロさんの3人の作家について簡単にご紹介します。 村上春樹 最初は、村上春樹さんです。世界的な知名度でいうと、言わずと知れたナンバー1ではないでしょうか。大変著名な小説家であり、翻訳書も出されています。村上春樹さんは京都の伏見区に生まれて、兵庫県の芦屋市で育ちました。早稲田大学に進まれて、在学中にジャズ喫茶を開いた経験があります。作中によく趣味の良い音楽が登場するのも納得ですね。 『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞し、デビューしました。1987年発表の『ノルウェイの森』は、上下巻なんと1000万部(!!)を売る大大ベストセラーとなり]、世界的な村上春樹ブームのきっかけとなりました。その他の主な作品には、『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがあります。

作家

脚本家(シナリオライター)を目指せる学校

一口に「ライター」といっても色々あるわけですが、「脚本家(シナリオライター)」という職業も、分類的にはライター、物書き業の一つといえます。シナリオライターはテレビドラマや映画の脚本・シナリオを書くことを専門としている作家を指します。華やかな業界でもありますし、自分の描いた世界観がプロ中のプロの映像作品として、世に(大小はあれど)大々的に発信される。憧れる人も多い職業でしょう。 ただ、あまり一般的な職業ではないこともあり、どうすれば脚本家になれるのか、どこで就職できるのかなどなど、普通のサラリーマンと比べると、プロになるまでの道筋の想像がつきにくい分野だと思います。本記事では、そんな将来の脚本家(シナリオライター)を育成するべく、脚本・シナリオの書き方を教えている学校をいくつかご紹介します。 代々木アニメーション学院 シナリオ・小説科 まずは、東京都内中心地と、アクセスもよく様々な文化が味わえる立地でもある、代々木アニメーション学院。シナリオ・小説科では、「ライトノベル・小説、アニメやマンガ、ゲーム」に主に焦点をあて、シナリオラィティングを教えています。代々木アニメーション学院のシナリオ・小説科で学べる文章テクニックは、小説家やシナリオライターなど、アニメに限らず、ことばを軸とするさまざまなジャンルの仕事につながっています。

作家

自分の本を書いてみよう

突然ですが皆さんは本を書いてみたいと考えたことはありますか小説ハウツー本精神世界をネットに関するスピリチュアル本旅行記。ほんの少しだけでもこういった本を自分も書いてみたいなと思った事がある方は実は結構いるのではないでしょうか  「著書があります」と自己紹介で言えたり、「〇〇年に〇〇という本を上梓」と経歴にかけたりしたら、かっこいいですよね!著者は一応ライターの端くれですが、本は書いたことがないため、やはりすごく憧れます。 でも、本ってどうやって書くの?この記事ではそんな質問に答えるべく本の書き方出版の仕方などざっくりとお伝えします。  何ページくらい必要? 一冊の本としてまとめるには、文字数はたまたページ数って、どのくらいあればいいんでしょう?もちろん、世の中にはほんの5ミリぐらいの薄い本から、分厚い5センチ以上の本まで存在するわけで、特に決まりはないというか、著者の自由です。そこで内容の良し悪しが決まるわけでもありませんしね。

作家

オンラインで記事を書く時のヒント

SNS がブログに台頭してきている昨今においても、ブログの需要は決してなくなりませんし、なくなることもないでしょう。デジタルマーケティング上の立ち位置が変わっていくだけで、有効な自己ブランディングや宣伝・マーケティングツールであり続けることは確実です。 また、ブログ以外にもオンラインメディアは様々な形を変えて進化をし続けており、そういった状況下で、オンラインライティングの需要はますます高まっていくのではないでしょうか。SEO なんかも大事なことですね。 さて、この記事ではそんなますます重要になっているオンラインライティングのヒントをまとめてみました。